事例紹介 (外まわり)

N様邸 コウモリ防除工事

N様のお宅では、ここ数年コウモリが屋根裏、瓦下等に住み着いてお困りでした。

コウモリは、蚊や蛾などの虫を捕らえて食べるので益獣として見られています。そのため鳥獣保護法によって守られ、原則として殺傷を目的とした駆除が行えません。

なので、基本的には宅内(瓦との隙間含む)に入らないように防除するしか手はありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(茶色いのはマイマイガの卵です)

1cm~2cmの隙間でも入れるため、瓦屋根であればほぼ瓦下には入れると言えますし、換気フードや外壁に凹凸がある場合の見切り部分からも進入するそうです。
今回は瓦下に入り込ませないよう、周辺を専用部材、及びコーキングにより埋めていきました。

雨樋を外さないと工事出来ないのと、高所工事となるため、全体に足場を掛けます。
(軽微な被害、住宅の大きさによっては不要の場合もあります)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

雨樋撤去ご、専用金具とコーキングにより埋めていきます。
20140723_185909 20140723_185949 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

20140723_185957 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(コーキングを瓦廻りに施工するのは、雨漏れの原因になる場合もありますので注意が必要です)

N様邸では、そんなに損傷してませんでしたが。全体に足場をかけたついでに雨樋金具も交換させていただきました。

コウモリはシロアリ等に比べると、建物に対する直接の被害は少ないですが、衛生面(細菌・ウイルスによる病原もあるようです)が心配なので、見た目的には決して良いとは言えませんが防除出来てよかったと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です